• ショッピングカート
  • ショッピングカートに商品はありません!

パスワードをお忘れの方は・・・

or

TM2834アルミ三脚 一脚可変 自由雲台 4段全高1630mm

¥16,699 条件合う地域は送料無料
品番: KF09.031
  • ブランド: K&F Concept
  • ネットで K&F Conceptの tm2834アルミ三脚 一脚可変 自由雲台 4段全高1630mm を購入します、ケーアンドエフ コンセプトのオフィシャルオンラインストアでベストセール価格とカスタマーレビューをチェックします。
  • 在庫: 在庫あり
  • 16699
TM2834アルミ三脚 一脚可変 自由雲台 4段全高1630mm
問い合わせ
2点以上買えば10%値下げします
特徴
  • • 素材:アルミ、4段、カメラ取付ネジ: 1/4" 、3種類開脚角度、360°自由雲台、脚径 28mm、全高1630mm、収納さ480mm、重量1938g、雲台耐荷重8kg
  • • 三脚一脚 可変式: ナットロック式、操作簡単。脚を取り外し可能、一脚や登山用のステッキとしてもご利用頂けます。携帯性?機能性両面に優れています。
  • • コンパクト収納:脚を180度反転してコンパクトで収納でき、お持ち運びも超便利です。
  • • 自由雲台付き:取り外し可能、丈夫で360°回転できの自由雲台を装備しています。そして、視認性の良い 水準器も付いています。
  • • 中心軸反転可能:マクロ撮影も簡単になりました。 弊社は長年間カメラの部品業界を従事して、弊社製品に絶対的な自信を持っています。 そのため、K&F Concept全ての製品は、ご購入より12ヶ月間の品質保証とカスタマーサポートを提供致します。

三脚・一脚可変式
三脚を取り外して一脚として利用可能、登山用のステッキとしてもご利用頂けます。携帯性・機能性両面に優れています。

360°​自由雲台(36MMボールプーレート)
カメラの向きを自由に変える事が出来る自由雲台を採用。自由自在なフレーミングが可能。また、取り外す可能です。

ロックナット式、3種類開脚角度
迅速に固定でき、安定性も良いデザインです。初心者にも簡単に操作できます。

脚180°反転コンパクト収納
脚を180度反転させコンパクトで収納でき、携帯便利。

 
中心轴も反転可、マクロ撮影に最適
中心轴を倒置して、マクロ撮影も簡単になりました。

アルミ製脚径 、安定
本体部はアルミダイカストを採用し、超軽量ながら、高剛性です。

一脚の部分に極細スポンジ
極細スポンジの手提げ保護、夏に滑り止め、冬に防寒!

脚の石突き交換可能
本製品の石突きはゴム製ですが、ご撮影の地面によって、金属製の石突きも交換できます。(ご注意点:本製品は交換用の金属製の石突きは付きません)

重力防風フック
センターボールの底に伸縮可能のフックが付いています、野外等強い風の所に重い物を掛けたら三脚の安定さを高めてスムーズに撮影できます。



 
専用ケース付属       
専用収納袋付き、持ち運びにはとても便利です。

パッケージ内容:
収納ボックス×1
三脚バッグ×1

三脚セット:
三脚×1
中心軸×1
国際標準ネジ×1
Lレンチ×1
ストラップ×1

雲台バッグ×1
取扱説明書×1
 

総合評価 4   |   レビューを書く
レビューを投稿するには ログイン または ご登録 をお願いします

TM2834アルミ三脚 一脚可変 自由雲台 4段全高1630mm
2017/09/23
4
商品説明が間違っていた。
カワセミ撮りで、三脚SLIK プロ 500 HDにビデオ雲台Manfrotto MVH502AHに7D2、EF400 F5.6をのせて使用していました。全くなんの問題も無かったのですが、自転車での移動に三脚の仕舞寸法が大きく邪魔だったので、4段の三脚を探していました。重い三脚の方が安定性が良いので、カーボンでは無く、アルミで。SLIK プロ 500 HDが仕舞寸法710mm、重量2,680g(雲台含み)、最大パイプ径26.8mmKF-TM2834が仕舞寸法450mm、重量2806g(雲台含み)、最大パイプ径28mm私が望んでいる要件を満たしていると思い購入しました。が、届いて開梱し三脚を持ってみると、「あれ、なんか軽い。SLIKより若干重いはずだけど」と思い、重量を量ってみると2Kgしか有りませんでした。2806gと言うのは送られてきたままの梱包段ボールまで含んだ重量でした。雲台を除くと1,6Kg重い三脚が良くてアルミを選んだのに、正直がっかりしましたが、製品の質、デザインも良く、特に付属品のバッグはSLIKで付いてくるペラペラのバッグとは比べ物にならない程良い物だったので返品はせずに使う事にしました。三脚の軽さはセンターポールに付いているフックにカメラリュックをぶら下げて補う事にしました。ちなみにリュックは同じメーカーK&F ConceptのKF13.025です。リュックのデザイン、質、使い勝手共に申し分が有りません。実際に前記のビデオ雲台、カメラ、レンズで撮影してみましたところ、安定性はやはり3段の方が優れていますが、撮影に問題はありませんでした。価格、質、デザイン、総合で★5つとしたいところですが、商品説明に間違い等があったので★4つにしました。不満点は● 商品説明が間違っていた。誤/重量2806g(雲台含み) ⇒ 正/2,000g(雲台含み)誤/全高 1666MM ⇒ 全高 1635MM (付属の延長パイプを使うと1,720mm)● 商品説明の写真の中に高さを示すもの(上から5枚目)がありますが、インチ表示ではなく、センチメートルでないと分かりにくい。一番知りたい、脚4段伸ばした状態で、エレベーター全下げの情報が無い。(1,420mmでした)ネットは現物を手に取って見れない買い物なので、豊富な情報量と正確な情報をお願いしたいです。脚3本中、一脚になる脚にしかスポンジが巻かれていないので、「光 スポンジカバー 24×360 SGB-300」を別途購入して取り付けました。元々巻かれていた所も、雲台なしで反転仕舞すると、雲台取付け部の台座に脚がぶつかる為、延長しました。

これらの画像は、K&F Conceptのエンドユーザーに属します。