• ショッピングカート
  • ショッピングカートに商品はありません!

パスワードをお忘れの方は・・・

Or connect with

カメラバック バックパック 一眼レフ1機1レンズ 2気室 48x29x17cm

¥13,844 ¥11,194 条件合う地域は送料無料
品番: KF13.080
  • ブランド: K&F Concept
  • ネットで K&F Conceptの カメラバック バックパック 一眼レフ1機1レンズ 2気室 48x29x17cm を購入します、ケーアンドエフ コンセプトのオフィシャルオンラインストアでベストセール価格とカスタマーレビューをチェックします。
  • 在庫: 在庫あり
  • 11194
カメラバック バックパック 一眼レフ1機1レンズ 2気室 48x29x17cm
問い合わせ
2点以上買えば10%値下げします
特徴
  • • サイズ:高さ48cm 幅29cm 奥行17cm
  • • 材質:ナイロン(撥水加工)
  • • カラー:灰色
  • • 重さ:1520g
  • • 容量:1カメラ+1レンズ
DSLRカメラバックパック多目的防水ナイロンバッグ
容量アップグレード
ホールド1カメラ+ 1レンズ+ 14インチラップトップ+ 1三脚+その他の写真の必需品。
区画された区画
厚くて調整可能な仕切りは、写真機器をより効果的に保護することができます。
実用的な容量
適切なパーソナルアイテムコンパートメント専用の衣類コンパートメントとラップトップコンパートメント(最大14インチ)。
サイドオープン
Rightsideアクセスでは、バッグを置かずにギアを得ることができます。
簡単な旅行
通気性のあるエアメッシュは、肩のストラップと背もたれが太く太くなっています。調節可能なチェストベルトは肩にストラップをしっかりと固定します。
防水ナイロン
耐水性ナイロン製、引っかき抵抗性、耐引裂性。
スタイリッシュ写真バックパック
DSLRカメラバックパック多機能防水ナイロンバッグ付き。
詳細
1、高い保護機能とファッション性機材を衝撃から守り収納力に優れる機能性と、ファッション性をもちあわせるのカメラバックパック。最新素材により、軽量、耐久性、防水性に優れており、カジュアルなデザインで気軽に持ち歩け、男女問わずお使いいただけます。
2、機材を効率よく収納機材収納性に優れた上下2気室構造が特徴です。上の部分は服、財布、サングラスなどのものを収納ですます。メイン収納部は1機+1レンズが収納ですます。引き出しの設計ですので、取り外したら、一般のリュクとしても利用できます。内部には14インチのノートパソコンも収納できます。外側の袋は携帯などの小物が収納できます。後ろには三脚取付けベルトを装備し、縮長が50-65cm以内の三脚を付けられます。機材をコンパクトに収納できます。
3、収納でき1機の参考型番EOS 5Dmarks/7D 70D/750D/760D/800Dなど。
4、収納でき1レンズの参考型番Canon EF 24-70MM
Nikon AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED
Pentax FA 43mm f/1.9 Limited
Nikon AF-S DX Nikkor 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
Fujifilm XF 35mm f/1.4 R
Nikon AF-S Nikkor 24-120mm f/4G ED VR など。
5、身体への負担を軽減。機器を快適に持ち運ぶための快適設計ショルダー部は、カメラ機材の荷重を分散し身体への負担を軽減する厚手の幅広パッドを採用。ベルト裏側と背中に密着する部分にはエアメッシュ素材を使用、通気性も良く、撮影を快適にサポートします。
総合評価 5   |   レビューを書く
レビューを投稿するには ログイン または ご登録 をお願いします

カメラバック バックパック 一眼レフ1機1レンズ 2気室 48x29x17cm
2017/10/24
5
おしゃれでかつ大容量のカメラバックリュックKF13.081
英名で言うとカメラバックパックサイズはXLになります。大きいです。同名で二つカメラバックがありますが、紹介する方は上がジッパーの方です。但しリッター数(容量)記載はありませんが、キヤノンでいうと5D、7D本体とレンズ2本それにパソコン、Tablet周辺機器が入ると書いてあります。本来はLサイズ(表記が逆だと思います)の方が、大容量で、数泊の旅行にも耐えられそうなのですが、こちらの方がポケットが多いのと見た目の小洒落た感じが良かったので、金額的には1000円位の差なので後は収納と使い勝手と見た目の好みでしょうか?普通のデイパックのようなデザインだけどかなり大きいです。あと、上に持ち手が付いているのもGOOD電車待ちなどで床に置いておいても背負う時に引っ張れるから。写真のように、上下に2つポケットがあります。上のポケットはそれほど沢山入る感じではありませんが、少々の小物は入ります。切符やスイカなどのカードを入れてもいいかもです。下のポケット、こちらはそれなりに入るので、手帳やスマホ、バッテリー、周辺機器、ケーブルなども入れられそう。因みに、ブロワーなどのユーティリティが入っていました。こちらが同梱されていたメンテナンスキットです。左からレンズブロワー、レンズクリーニングペーパー、上はたぶん液晶やレンズを吹くためのクリーニング液を入れるケース(空)レンズクリーニングブラシクリーニングクロス。メインコンパートメント:かなり容量がありそうです。下には、カメラの仕分け用ケースが付いています。これ、多少上下にできそうなので、旅行用の着替えなど普段使わないものでを下に入れることもできそう。カメラレンズ用のケースは取り出せます。特にカメラケースはマジックテープ(R)では固定されていないので、撮影以外に使用の場合カメラレンズケースを出せば沢山荷物を入れる事もできます。たぶん、これで、レンズ2本とフルサイズカメラ1台という表記だったと思われます。宿泊を伴わない旅行だと更にカメラやレンズなども入れられるので、もっと入ると思います。本体の手前側にポケット。こちらはジッパー付きなので、パスポートなどの貴重品を入れることも可能。反対側にもポケットがあります。写真ではわかりにくいと思いますが、背面(背負う側)と本体との間に、ノートパソコン(外国表記だとラップトップ)を入れるスーペースがあります。前後をウレタン風のクッションがあるもので覆われているので、多少の衝撃には耐えられると思います。カメラユーザーの場合、MAC Book Proを使う人が多いと思いますが、15インチくらいの物まで入りそうです。但し、重くなるのは必至で、MBP13インチくらいまでが良いところかなと思います。背中に当たる部分にもポケットがあった~っと思いましたが、こちらは、キャリーケースの取っ手に挟むようのスリットでした。でも落とさないような大きめの物ならこちらにも入れられると思います。背当て部。メッシュ地のクッション入りなので、背中には優しいと思います。腰に係りそうな場所は余分にクッションが入っています。中間部分に見えるのが一つ上で紹介したスリットになります。安定用の腰固定ベルトもあります。ボトム部は特に脚が四つ出ていると言う訳では無いので直に地面に置くタイプですが、ざらざらした防水系の素材を使ってあるので、長時間塗れた所に置かなければ大丈夫だと思います。素材がスエード風ですが、防滴ナイロン風なので、ちょっとした雨には大丈夫だと思いますが、不安な用でしたらアウトドアショップなどで、バックパック用のカバーを買って付けると良いと思います。

これらの画像は、K&F Conceptのエンドユーザーに属します。